2008年10月13日

野菜たっぷり、秋の欲張りおでん(ウチゴハン)

寒くなってきました・・・ウチゴハンで、ゲストに岸本加代子さんを迎えておでんを紹介・・

そのおでんというのは・・・味噌としょうがだし汁。練り物は自分で作ってみるというもの・・・

岸本加代子さんの思い出のウチゴハンギョウザだそうです。

てんきち母ちゃん作 卵が餃子に!?こまっツナ餃子(にじいろジーン)

野菜たっぷり、秋の欲張りおでんウチゴハン

(1)はんぺん120gを包丁で細かく叩き、溶き卵1個を混ぜ合わせ、二つに分けておく

(2)分けた一方に、ツナ50g ・コーン 25g・焼きのり 1/4枚を加え、塩・コショウし小判型にまとめる

(3)もう一方のはんぺんのベースにコンビーフ50gと塩・コショウを混ぜ合わせる。

(4)石づきをとり片栗粉をまぶした椎茸に4枚に(3)をつめる

(5)(2)と(4)をサラダ油で両面を焼く

(6)鍋に湯をはり、和風だしの素 5g・酒 大さじ1・味噌 60g・ショウガ 5g を加える

(7)だし汁に(5)の練り物・黒はんぺん4枚(魚のつみれでもOK)・しめじ50g・銀杏12粒・じゃがいも1個・下ゆでした大根1/4本・ゆで卵4個・昆布 4個・小タマネギ4個・キャベツ1/8個を加え、煮込む

(8)【添え物】ささがきゴボウ60gにオリーブオイル10g・酢小さじ1/2・塩を和える

(9)鍋にネギ2本を加える

→完成!

今週のワンポイント
(1)おでんは、だし汁に味噌を入れると味噌の味が染みるほどコクが出て美味しくなる
(2)はんぺんをベースにした練りものを作ることで各家庭のオリジナルおでんを作ることができる
(3)付け合せとして、ささがきゴボウを加えることで二つの違う食感を楽しめる

テレビ朝日|ウチゴハン

おでんの名前の由来は「田楽」から・・江戸時代に丁寧におでんがくと呼び、・・おでん・・と呼ぶようになり、これを煮るようになったのがおでんのはじまりとか。

おでんネタ人気ランキング・・第5位は餅入りきんちゃく、4位・こんにゃく、3位・ちくわぶ2位・たまご、1位・大根

1. おでんのおいしい作り方 http://www.kibun.co.jp/enter/oden/index.html

2. おでんのおいしい作り方 おでんレシピ http://www.shima7.com/resipi/oden.htm

3. おでんダイエット

4. おでん博物館へようこそ! http://www.odengaku.net/

5. 浅草おでん大多福(おたふく) http://www.otafuku.ne.jp/
posted by ぴかまま at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | おでん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする