2008年06月10日

太刀魚とみょうがの揚げ煮★きょうの料理プラス

きょうの料理プラス、今日もミョウガ茗荷・みょうが)を使って・・

秋田に来た当時、市場にミョウガ茗荷・みょうが)がたくさんあって驚きました。おひたしにして食べるんだとか・・

今日の きょうの料理プラスでは・・・ミョウガ茗荷・みょうが)を素揚げしていました・・びっくり!!


「薬味であっさり 太刀魚とみょうがの揚げ煮
料理研究家・福山秀子さん
エネルギー:320kcal 調理時間:30分

(4人分)
・太刀魚・みょうが 8コ
----------
【煮汁】

----------
・かたくり粉(太刀魚にまぶす時に使用)
・揚げ油(温度は170℃)


1. 太刀魚(切り身) 4切れは両面にかたくり粉をまんべんなくたっぷりとまぶし、余分な粉ははたくミョウガ茗荷・みょうが)は水けをきれいにふき取る。

2. 揚げ油を170℃に熱し、ミョウガ茗荷・みょうが)を入れて2分間ほど素揚げし、油をきって取り出す。ミョウガ茗荷・みょうが)は中まで火が通りにくいので、中温の油でしっかりと揚げる。

3. 2の揚げ油に太刀魚を入れ、こんがりときつね色になるまで3分間ほど揚げる
※みょうがを揚げた同じ油で、かたくり粉をまぶした太刀魚をカラッと揚げる。

4. 鍋に煮汁(だし カップ4・うす口しょうゆ 大さじ1・塩 小さじ1/2・みりん 大さじ2)と2、3を入れて中火で煮る。

煮汁が半量ほどになったら、ミョウガ茗荷・みょうが)を先に取り出す。

鍋に残った魚に、玉じゃくしで煮汁を回しかけながら3〜4分間煮る。魚とミョウガ茗荷・みょうが)を器に盛り、煮汁をかける。

くらしのパートナー:きょうの料理プラス

みょうがの豚肉巻き&たっぷりしょうがの豚肉巻き&青じそチーズのビーフカツレツ★きょうの料理

みょうががたっぷりハンバーグ★きょうの料理プラス

初ガツオの和風ソテー 香味野菜添え蒸しナスの和風マリネ
シソとトマトの冷やしそうめん 
たっぷり野菜と豚ばら肉の和風煮込み

★★★

焼きタチウオの南蛮漬け

太刀魚たちうおタチウオ)は、

全長は70cmから1.5m程で、時に2m以上。重さは最大級のもので5kgほど。世界中の熱帯から温帯にかけて分布するそうです。

外観が太刀に似ていることより、太刀魚タチウオ)と名づけられた??

肉は柔らかく、塩焼きや煮付け、唐揚げなどで美味。新鮮なものは刺身や寿司などにも用いられるそうですタチウオ - Wikipedia


posted by ぴかまま at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | みょうが・ミョウガ・茗荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。