2011年12月01日

ミヤネ屋チャーハン9/16

2008年

チャーハンを作る時は、嫁入り道具で持ってきた「中華鍋」を使って作る奥様。
しかし、料理好きのご主人からは、「焦がすから使うな!」と、今では「中華鍋」の使用は禁止に。
奥様は、ご主人が認めてくれる「チャーハン」を作り、「中華鍋」を取り戻したいというのですが…

■ご主人の感想
林先生に教わった通り「チャーハン」を作る奥様。
使い終わった中華鍋をみたご主人は思わず…「すげえ!」と言葉を失ってしまいます。
その後は、「うまい」「マジうまい!」と“うまい”を連発!大満足だったようです。



ご飯がパラパラ!チャーハンのレシピ
〔4人分〕

・ご飯 600g ・卵 4個 ・玉ネギ 1/2個 ・人参 40g ・ピーマン 2個 ・シーフードミックス 150g ・青ネギ 3〜4本
【調味料】 
・塩 少々  ・コショウ 少々  ・うま味調味料(味の素) 少々  ・サラダ油 適量
・酒水醤油(水 大さじ1 、酒 大さじ1、濃口醤油 小さじ1、を合わせた物)


「ご飯がパラパラ!チャーハン」の作り方
(1) 「ピーマン」「玉ネギ」「人参」はみじん切りに、「青ネギ」は、小口切りにしておく。
(2) みじん切りにした「玉ネギ」はザルに移し、米を研ぐ要領で、
  2〜3回水を変えながら洗うと辛味が取れる。
(3) 水洗いした「玉ネギ」は、さらに布巾に包んで、流水でモミ洗いするとヌメリが取れる。
  さらに体重をかけながらシッカリと水分を絞るとパラパラになる。
(4) シーフードミックスは、沸騰したお湯で湯通しをして、
  ザルにあけ余分な水分を切っておく。

(5) 中華鍋を使う場合は、まず強火で全体によく熱を通す。
(6) 次に火を止めてから、たっぷりの油を入れ、鍋全体を冷ますように油を馴染ませる。
(7) 余分な油をボールなどに取り出しておく。
(8) 取り出しておいたサラダ油(大さじ2〜3杯)を中華鍋に戻し、
  薄煙が出てきたら、水分を切った玉ネギ、人参、ピーマンを炒める。
(9) (8)にシーフードミックスを入れたらすぐに塩、コショウで下味をつけ、
  一旦、皿に取り出しておく。

(10) 酒水醤油を作っておく
【POINT】
中華鍋を使う場合は、一旦、水洗いし、もう一度(5)〜(7)の作業を繰り返してください

★ここからの工程は鍋の大きさにもよりますが、家庭用の鍋なら2人分ずつ調理するのが適量です。

(11) 中華鍋に大さじ2〜3のサラダ油を入れ、溶き卵(2個分)を加えたら、
   すぐにご飯(300g)を加え叩くように炒める。
(12) 卵とご飯が混ざったら、(9)の具を半分戻し、塩、コショウ、うま味調味料をふり、
   青ネギを加えて、「酒水醤油・大さじ1杯」を鍋肌から回しかける。
▲このページのトップへ▲

情報ライブ ミヤネ屋
posted by ぴかまま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鶏肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック