2009年04月25日

ミヤネ屋ギョーザ


エコレシピ★三浦唯歌「シャキうま餃子」


■今回の悩み
餃子を作っても皮がパリッとならず、中もジューシーにならないという徳田さん。
“美味しい餃子を作りたい!”とテレビの餃子特集などを参考に、パン粉(!?)を入れたり片栗粉を入れたりするそうですが…。

■ご主人と友人の感想
これまでは「おい」くらいで、「おいしい」とは言ってくれなかったご主人。
しかし、先生の指導後、友人達を招いて開いた餃子パーティーでは「おいしい!」と大満足。
ご友人も「これまではお世辞にも美味しいとは言えなかった…」と本音をチラリ。
今後は、餃子パーティーが徳田家の定番になりそうです。

皮がパリッ!ジューシー ミヤネ屋から餃子のレシピ
〔4人前・約20個分〕

●豚ミンチ(100g)、●キャベツ(200g)、●ニラ(20g)、●白ネギ(15g)、●ショウガ(10g)

【味付け調味料】
・塩(小さじ1/2)、・コショウ(少々)、・酒(小さじ2)、・濃口醤油(大さじ1)、・ゴマ油(小さじ2)

【その他】
・餃子の皮、・塩(キャベツ下処理用)、・サラダ油(適量)


「皮がパリッ!ジューシー餃子」の作り方
1.キャベツ200gは、しんなりするまで湯がいて、ザルに上げ、塩を振って冷ましておく

2.冷めたら、芯の太い部分を切り落とし、みじん切りにして、布巾などで包んで水分を絞っておく

3.豚ミンチ100g(直前まで冷やしておいた物)に塩小さじ1/2杯を加え、  粘りが出るまで(振っても落ちなくなる位)よく練る

4.この豚ミンチに、コショウ少々と酒小さじ2杯 →濃口醤油大さじ1杯→ゴマ油小さじ2杯を順に加え、そのつどよく混ぜる。

5.豚ミンチに味を付けたら、水気を絞ったキャベツ、小口切りにしたニラ20g、みじん切りにした白ネギ15g、ショウガ10gを加えよく混ぜる。

6.餃子の皮に、小さじ1強の具を乗せ、皮の半分の端に水をつけ、ヒダをつけながら包む

7.フライパンにサラダ油をひき、一旦熱する。

8.火を止め、餃子を並べ終わったら、再び強火をつけ、底面に焼き色が付くまで焼く

9.焼き色が付いたのを確認したら、皮の上から湯を注ぎ、すぐに蓋をして中弱の火で蒸し焼きにする

10.水分が無くなってきたら、蓋を開け、強火で底面がカラっとなるまで焼き上げる

情報ライブ ミヤネ屋

餃子ギョーザギョウザ

エコレシピ★三浦唯歌「シャキうま餃子」
てんきち母ちゃん作 卵が餃子に!?こまっツナ餃子(にじいろジーン)
にじいろジーンからこうちゃん自家製ジューシー餃子
てんきち母ちゃん「もやしギョウザ」
小池栄子さんお手製ギョウザ

ミヤネ屋愛のスパルタ料理塾 から・・

ホワイトクリームシチューのレシピ(ミヤネ屋)
ハンバーグ★ミヤネ屋(6/25)
アジの南蛮漬け★ミヤネ屋
八宝菜(ミヤネ屋)
鯖(サバ・さば)の味噌煮★ミヤネ屋
ミヤネ屋から酢豚10/7
サラダ巻き(ミヤネ屋から)
カレーうどんの作り方★ミヤネ屋

西川かの子とミヤネ屋愛のスパルタ料理塾のパティシエ・林繁和氏(54)が離婚を発表(10/27)
posted by ぴかまま at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子・ギョウザ・ギョーザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック