2008年10月28日

八宝菜(ミヤネ屋)

西川かの子とミヤネ屋愛のスパルタ料理塾のパティシエ・林繁和氏(54)が離婚を発表(10/27)

ミヤネ屋愛のスパルタ料理塾八宝菜作りが苦手な奥様:原田理恵さん(27)〜紹介した料理
■今回の悩み
八宝菜を作ると、いつもあん(・・)が無くて、味も無いそうでご主人から指摘を受けていたそうです。


八宝菜作りのレシピ
〔4人分〕

いか(100g)・豚肉(100g)・えび(8尾)・白菜(250g)・ニンジン(1/3本)・きぬさや(8枚)・筍水煮(30g)・うずら卵水煮(8個)・白ネギ(1/2本)・ショウガ(細切り/5g)

【いか、海老、豚肉の味付け】
塩(少々)・コショウ(白/少々)・ショウガ汁(大さじ1)・片栗粉(大さじ1)
ごま油(小さじ1)

【煮汁】
スープ(300cc)・塩(小さじ2/3)・コショウ(白/少々)・酒(大さじ2)・濃口醤油小さじ2・砂糖(大さじ1/2)・オイスターソース(小さじ1)・水溶き片栗粉(大さじ3)・サラダ油(適量)・ごま油(少々


八宝菜作り」の作り方
●材料の下処理
(1)豚肉(100g)は一口大の大きさに切り、海老(8尾)は殻を剥き、背わたを取っておきましょう
(2)いか(100g)は皮を剥き、切り込みを入れておきましょう。
(3)ボウルに豚肉・いか・海老にを入れ、下味を付けます。
 塩(少々)、コショウ(白/少々)、ショウガ汁(大さじ1)を加えて よく混ぜて置いておきます。
(4)きぬさや(8枚)は塩ゆでしておくと、色鮮やかになります。

(5)その間に合わせ調味料を作ります。
 まずスープ(300cc)を用意し、そこに塩(小さじ2/3)・コショウ(白/少々)・酒(大さじ2)・濃口醤油小さじ2・砂糖(大さじ1/2)・オイスターソース(小さじ1)を加えて、よく混ぜます。

●材料を炒める
(1)先ほどの豚肉・いか・海老に片栗粉(大さじ1)・ごま油(小さじ1)を絡めて、よく混ぜます。

(2) フライパンに多めの油をひき、豚肉・いか・海老を中火で炒めます。さっと炒めたら、一度取り出して油を切っておきます。

(3)フライパンを拭き、再び多めの油をひいたら香り付けのために斜め薄切りにした白ネギ(1/2本)とショウガの細切り(細切り/5g)を炒めます。

(4)そこに白菜の芯、ニンジンなど硬い物から炒めていきます。

(5)さらに筍水煮、白菜の葉などを加えて炒め、そこに合わせ調味料を入れて柔らかくなるまで少し煮ます。

(6)そこに豚肉・いか・海老ときぬさや(8枚)・うずら卵水煮(8個)を加えてさらに煮ます。

(7)火を切って、水溶き片栗粉(大さじ3)を、まず大さじ1だけ加えたら、火をつけて混ぜます。

(8)そしてまた火を切って、水溶き片栗粉を大さじ1加えて混ぜます。
(9)同様に、残りの水溶き片栗粉も入れて火を切り、最後にごま油(少々)をまわし入れたら完成。
情報ライブ ミヤネ屋

濱田美里作 炊飯器で出来るノンオイル八宝菜(じにいろジーン5/24ヘルシーレシピ)

ミヤネ屋愛のスパルタ料理塾 から・・

鯖(サバ・さば)の味噌煮★ミヤネ屋
ミヤネ屋から酢豚10/7
サラダ巻き(ミヤネ屋から)
カレーうどんの作り方★ミヤネ屋

西川かの子とミヤネ屋愛のスパルタ料理塾のパティシエ・林繁和氏(54)が離婚を発表(10/27)

. 八宝菜のレシピ - goo グルメ&料理

. 八宝菜 レシピ

. 具だくさんの八宝菜 - 料理レシピ | E・レシピ

. 八宝菜 : 料理・レシピ : misbit.com
posted by ぴかまま at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 八宝菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック