2008年11月23日

かき揚げ丼(チューボーですよ)

11/15のチューボーですよのゲストは

羞恥心から野久保直樹さん

野久保直樹さんはプロ野球(中日ドラゴンズ)のドラフト候補に挙がるほどの野球一筋の青少年時代を送っていました。心機一転、俳優を志して上京。2005年にドラマデビュー。クイズヘキサゴンでついたあだ名は「さわやかバカ」

羞恥心2枚目CDで“おバカ頂点”極めた

野久保直樹さんは浜崎あゆみさんのライブのオープニングのバックダンサーのオーディションも受けたことがあるとか。浜崎あゆみさんのあまりの可愛らしさに振りが全部飛んで踊れなかったとか。

野久保直樹さんは霊感を持ってきやすいなのだとか。高校3年生のときお墓の前を通ったことで、50人の霊を連れてきてしまったとか。

野久保直樹さん

かき揚げ丼の具材は、海老小柱三つ葉アスパラを揚げて別添えにしても。

小柱は海水に近い塩水で洗うとよい

かき揚げ丼(チューボーですよ)ゲスト:野久保直樹さん

食材】
■材料(3人分)
【具材】芝海老 21尾 / 小柱 200g / 三つ葉 / 20g

【ダシ・丼つゆ】(鰹節 90g / 昆布 15cm×15cm 1枚 / 水 2700cc)ダシ 900cc / 濃口醤油 600cc / みりん 900cc / 鰹節(追い鰹)22.5g / 芝海老の殻21尾分

【衣】(冷水 200cc / 全卵・卵黄 各1個 / 薄力粉 150g) 衣 50cc×3

【仕上げ】揚げ油 4.4l (胡麻油1:1白絞油) / ご飯 200g×3 / 丼つゆ 小1 2/3×3


【下ごしらえ】
■具材
○芝海老…頭、背わたを取る
殻を剥いてさっと水洗いし、水気をとる
○小柱…塩水で洗い、水気をとる
○三つ葉…茎を1.5cm、葉を1cm幅に切る

丼つゆ
(1)半日水に漬けておいた昆布を火にかけ、沸騰直前で取り出す(強火)
(2)鰹節を加え3分程煮込み、漉す
(3)ダシに濃口醤油、みりんを加え、火にかける(強火)
(4)ふちがフツフツしてきたら追い鰹し、エビの殻を加える
(5)アクがとれるくらい鍋全体が沸騰したら、漉す
(6)再び加熱し沸騰したら15分程煮詰めていく(沸騰するまで強火、その後中強火)

■衣作り
(1)卵をコシが切れるまでしっかり溶く
(2)冷水を2回に分けて加え、全体が混ざったらザルで漉す
(3)薄力粉をふるいながら加える
(4)具に衣を加え、混ぜ合わせる


【仕上げ】
(1)鍋を傾け、浅い部分にたねを2回に分けて投入する(185℃)
(2)形を整え表面が固まったら、深い方へ押し出し裏返す
(3)返したら箸と揚げ網でかき揚げを反らし中まで火を通す
(4)泡が小さくなり、触って固ければ引き上げる
(5)ご飯を丼に盛り、丼つゆをかける
(6)丼つゆにかき揚げをくぐらせ、ご飯の上にのせ、完成

Saturday Night Chubaw!

★★チューボーですよ★★★

酢豚(チューボーですよ)
豆腐チゲ(チューボーですよ)
五目あんかけ焼きそば★チューボーですよ
ドライカレー(チューボーですよ)
ホイコーロー (回鍋肉)★チューボーですよ
なすとトマトのパスタ★チューボーですよ

この人物のオモテとウラ 堺正章 来るか「第6の黄金期」?

★★★★★★

あぶり鶏のとろとろ親子丼★にじいろジーン
豆腐の冷やあつ丼( きょうの料理)
SHIORI作・やみつきスタミナ牛かルビ丼★にじいろジーン
ビビンバ★きょうの料理
焼きサーモンとキャベツの丼★ウチゴハン
ハムカツミルフィーユ丼★うふふのぷ
そぼろ親子丼★恵美子のおしゃべりクッキング
主婦のアイディア★ウチゴハン★中華風親子丼
主婦のアイデアとろとろ親子丼★ウチゴハン
かりっととろっと親子丼★ウチゴハン
きんぴら牛丼★ウチゴハン
上沼恵美子のおしゃべりクッキング☆天とじ丼

おそば屋さんのカレー丼
イタリアン親子丼(ウチゴハン)
たったの5分でできちゃうネギ塩カルビ丼&味噌そぼろチャーハン(にじいろジーン)
キャベ玉丼(ウチゴハン・笠原将弘さん)
豚茄子丼(シェフのウチゴハン)
元気モリモリスタミナ丼(豚バラ肉で・・)
さくっと牛丼(ハピふる! から)
ひつまぶし風スタミナ丼★ウチゴハン
豚肉のにんにくみそロール丼★NHKきょうの料理
給料前どんぶり★グッチ祐三
こうちゃん作 マグロとネギのピリ辛ゴマ油和え丼
旬の夏野菜たっぷり牛ステーキ丼★ウチゴハン
posted by ぴかまま at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック