2009年03月02日

2分で燻製。サワラ(鰆)で春色ソース(ウチゴハン)

2分で燻製。サワラ)で春色ソースウチゴハン

3/1のウチゴハンは、“フレンチの鉄人"こと坂井宏行シェフがウチゴハン一家を来訪!

今が旬の魚、サワラを使って、“2分で燻製!サワラの春色ソース"の作り方を教えてくれます。 タイトルどおり、なんと2分で燻製ができてしまうオドロキのフレンチレシピは必見です!

作り方

(1)サワラに塩・コショウをふる

(2)フライパンにオリーブオイルをひき、サワラを押さえつけながら、両面を焼く

(3)【ソース作り】フライパンにバター・ニンニク・タマネギを入れて炒め、アサリを加える

(4)【ソース作り】アサリの口が開いてきたら水を加えて5分ほど煮る

(5)【ソース作り】ザルを使ってアサリの身とだし汁を分け、だし汁を火にかける

(6)【ソース作り】ゆでた春菊・バター・味噌を加えてミキサーにかける

(7)【ソース作り】ミキサーから(6)を鍋に戻し、うま味調味料・水溶き片栗粉を加える

(8)フライパンにアルミホイルを敷き、その上に、茶葉、桜チップ、砂糖、をのせて、煙が出てくるまで火にかける

(9)(2)のサワラを網の上にのせ、(8)のフライパンの上にのせ、ボウルでフタをしたら、2分ほどくん製にする

(10)お皿にバターソテーしたカブ・さわら・アサリの身を盛り付け、ソースをかける

→完成!
材料(4人分)  
(1)
サワラ 4切れ
塩・コショウ 適量
(2)
オリーブオイル 適量
(3)
バター 24g
ニンニク 2片
タマネギ 1/2個
アサリ 1000g
(4)
水 800mg
(5) −
(6)
ゆでた春菊 2束
バター 50g
味噌 大さじ1
(7)
水溶き片栗粉 少々
うま味調味料 少々
(8)
茶葉 20g
桜チップ 30g
(入れなくてもOK/コーヒーの出がらしで代用可)
砂糖 30g
(9) −
(10)
バターソテーしたカブ 4個
今週のワンポイント(1)サワラを押さえつけながら、しっかり両面を焼いて火を入れることで、くん製する時間を短くできる
(2)サワラでなくても鶏肉や牛肉、ホタテでも同じようにくん製をつくることができる
(3)味噌などの発酵食品はフレンチとも相性が良い

テレビ朝日|ウチゴハン

さわらのビリ辛揚げ

サワラの唐揚げサラダ 柑橘ドレッシング風味

毎日幸せうちごはん
うちのごはん - 癖になります 半額めにゅ〜
うちのごはん キッコーマン
【関連する記事】
posted by ぴかまま at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック