2009年09月10日

なすとひき肉のピリ辛炒(いた)め&焼きなすと枝豆の酢みそあえ(NHKきょうの料理プラス)

2009年9月9日(水)放送「ご飯がすすむ!なすのピリ辛炒(いた)め」料理研究家・門間和子さん

なすとひき肉のピリ辛炒(いた)めエネルギー:380kcal 調理時間:20分
(2人分)

1. なす3コはヘタを落とし、縦半分に切り、さらに横半分に切る。縦に切り目を入れながら1つを3等分に切る。170℃に熱した揚げ油に一度に入れ、サッと揚げる。

2. 赤とうがらし3本は乾燥のまま5mm幅に切り、種を除く。

3. 中華鍋にサラダ油大さじ1を熱し、2の赤とうがらしを少し黒っぽくなるくらいまでいためる(最初に少し黒っぽくなるまでいためて、しっかりと辛みと香りを引き出しておく)。

しょうが 少々(みじん切り)・ねぎ 1/4本(みじん切り)・にんにく 1/2かけ(みじん切り)ひき肉100gを加えて強火でいため、肉の色が変わったら1のなすを加える(なすは切り目を入れて揚げてあるので、火の通りが早く、うまみを吸いやすい)。

・酒 大さじ1・しょうゆ 大さじ1+1/2・砂糖 大さじ1/2・こしょう 少々・スープ* 大さじ2・オイスターソース 小さじ1/2を加えて手早くいため煮にし、水溶きかたくり粉(かたくり粉と水を1:2で溶いたもの)を加えてとろみをつけ、仕上げにごま油少々を回しかける。


焼きなすと枝豆の酢みそあえ  エネルギー:100kcal 調理時間:15分(練りみそを冷ます時間は除く) (2人分)

1. なす3コは菜ばしで3〜4か所穴をあけ、焼き網か魚焼きグリルで、転がしながら全体を強火で焼く

熱いうちに皮をむき、食べやすい大きさに切る(竹ぐしを刺して、横にスライドさせるようにして皮をむく。熱いときは、ふきんなどで押さえるとよい)。

枝豆(正味)約カップ1/4は熱湯でサッとゆで、さやから豆を出す。

2. 酢みそをつくる。

小鍋に練りみそ(みそ 大さじ4・砂糖 大さじ2〜3・みりん 大さじ1
・だし 大さじ2
)の分量を合わせ、強めの中火にかけて、みそよりも少し柔らかい堅さになったら火から下ろす。

冷まして大さじ2取り出し、酢大さじ1を加える。残りの練りみそは冷蔵庫で1週間保存可能。

3. 1のなすと枝豆、2の酢みそを合わせてあえ、器に盛る。

くらしのパートナー:きょうの料理プラス。

このほか門間和子さんのレシピはこちらでご覧になれます

まだまだあります!ひき肉レシピ

なす・ナス・茄子を使ってあれこれ

★★★

瑛太、木村カエラが熱愛!交際2週間、事務所認めた!
酒井被告、覚醒剤使用で追起訴…自宅の覚醒剤「気が動転して」処分できず

柴咲コウ、三谷幸喜氏と初タッグ!フジ50周年企画の大トリ
posted by ぴかまま at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | なす・ナス・茄子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック