2009年10月27日

銀だらとほうれんそうのピリ辛煮&うなぎとたっぷりにんじんの卵とじ(NHKきょうの料理)

インフルエンザや風邪が猛威を振るう季節・・今週10/27〜のNHK今日の料理は、風邪に負けない免疫力をUPさせる料理レシピの紹介

免疫力とは、体にもともと備わっている健康を保とうとする力・・

10/26ビタミンAで守る!!

風邪のウィルスは目・鼻・喉などの粘膜から侵入・・粘膜の材料になるのがビタミンA

免疫細胞の原料がたんぱく質、食物繊維と発酵食品で腸を整える(善玉菌)、あったかメニューで活性化(免疫細胞が活発に動く)

ビタミンA

レチノール・・動物性食品に多く含まれる・・そのままビタミンAとして働く
脂がのったお魚(まぐろ、さんま、さば、ぎんだらetc)・うなぎに多く含まれる

カロテノイド・・植物性食品(野菜)に多く含まれる・・体内で必要な分だけビタミンAに変化
ホウレンソウ・にんじんが代表的

1日に必要なビタミンAは650から・・銀だらとホウレンソウのピリから煮は、ビタミンAを1057も摂取


銀だらとほうれんそうのピリ辛煮10/26(月)NHKきょうの料理
エネルギー:277kcal 調理時間:20分講師:本多京子

(2人分)
・銀だら(切り身) 2切れ(160g)
・ほうれんそう (小)1/2ワ(100g)
----------
【A】
・にんにく(みじん切り) 小さじ1/2
・しょうが(みじん切り) 小さじ1/2
・豆板醤(トーバンジャン) 小さじ1/2
----------
【B】
・水 カップ1
・しょうゆ 大さじ1/2〜1
・酒・酢・砂糖 各大さじ1/2
・顆粒チキンスープの素(中国風) 小さじ1/2
----------
【水溶きかたくり粉】
・かたくり粉 大さじ1/2
・水 大さじ1
----------
・ねぎ(みじん切り) 大さじ2
(塩・こしょう・酒・サラダ油)
なし

1. 銀だらは塩・こしょう各少々、酒大さじ1/2をふって5〜6分間おき、水けをよくふき取る。ほうれんそうはゆでて水にとり、水けを絞って3cm長さに切る。

2. フライパンにサラダ油大さじ1/2を中火で熱し、銀だらの両面を焼く。焼き色がついたらサラダ油大さじ1/2を足し、フライパンのあいているところで【A】を加えていため、香りがたったら【B】を入れて4〜5分間煮る。・・にんにく等は体を温め、細胞の動きを活発にしてくれます

3. ほうれんそう(小松菜、チンゲンサイ等でもOK)を加えてサッと煮(ほうれんそうはゆでてあるので、サッと煮るだけでOK)、水溶きかたくり粉を回し入れてとろみをつけ、器に盛って、ねぎを散らす。


銀だらとほうれんそうのピリ辛煮|みんなのきょうの料理-料理レシピや献立など使える6000レシピ集、おいしい食卓コミュニティ

うなぎとたっぷりにんじんの卵とじ

うなぎの蒲焼1くし(100グラム)は縦半分に切って1センチ幅に切る。

にんじん1/2本60グラムは1センチ幅くらいの細切り。(キャロット⇒カロテノイド)

だしカップ1/2、酒カップ1/4、しょうゆ大さじ1、みりん大さじ1でにんじんをゆでる。うなぎを加える。細ネギ5、6本3センチ長さに切ったものを加える。ネギは抗菌作用があり体を温める。卵2個をといたもをで閉じる。ビタミンAが1052


土用丑の日・・きんぴらごぼうとうなぎのどんぶり&うなぎと焼き野菜のにらソースがけほか鰻様々

しめじのだし漬け&きのことソーセージのチーズマヨネーズ焼き&えのきと肉そぼろのホットサラダ


今日の料理

きょうの料理テキスト/きょうのレシピ集
みんなのきょうの料理 - NHK「きょうの料理」で放送された7年間の料理 ...
くらしのパートナー:きょうの料理ビギナーズ
[野菜のかき揚げ] 料理レシピ|みんなのきょうの料理
簡単レシピ検索! 料理レシピ/ホームクッキング【キッコーマン】

★★★

アイドル女優“加藤夏希”なぜ元カレのマネジャーを訴えたのか
酒井被告に懲役1年6月求刑…判決は11月9日

★★★新型インフルエンザ

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策
3. 新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
4. 2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia
5. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>
posted by ぴかまま at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 免疫力UP・代謝力UPレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック