2009年10月28日

アイデアカレーで 免疫力UP・・豚肉ときのこの和風カレー&さば缶と大豆のドライカレー

新型インフルによる脳症50人に…7歳最多

★★★

2009年10月27日(火)放送「アイデアカレーで 免疫力UP
管理栄養士、医学博士・本多京子さん

豚肉ときのこの和風カレー  エネルギー:664kcal 調理時間:40分 2人分

1. 豚もも肉(薄切り) 150gは一口大に切る。まいたけ1/2パック(50g)は小房に分ける。しいたけ 2〜3枚(50g)は石づきを除き、軸は裂き、かさは四つから六つ割りにする。 トマト1個は湯むきしてザク切りにする。

※豚もも肉はたんぱく質で迎え撃つ!赤みのお肉には鉄分や亜鉛が多く含まれている。亜鉛は免疫細胞を新しく作るときに必要
※きのこ類はグルカノンという食物繊維が豊富、旨みも多い
トマトビタミンAを。トマトの代わりににんじんジュースやにんじんをすりおろしたものを入れてもOK
※体を温める食品として玉ねぎとカレー粉
ビタミンAは緑黄色野菜に多くふくまれている

2. たまねぎ1/2コ(90g)は薄切りにし、中央をあけて耐熱皿にのせ、ラップをせずに電子レンジ(500W)に2分間かける

3. 鍋にサラダ油大さじ1を熱し、たまねぎ、にんにく、しょうが>(各みじん切り) 各小さじ1/2を入れていためる。香りがたってきたら豚もも肉を加えていためる。肉の色が変わってきたら、カレー粉 大さじ1小麦粉 大さじ1を順にふり入れる。粉っぽさがなくなったら、だしカップ1と1を加え、15〜20分間煮る。

※カレー粉のターメリックは抗酸化成分が含まれている。

4. カレールー>(市販) 20g(1皿分)を加えて溶かし、アーモンドパウダー大さじ4、ヨーグルトカップ1/4、しょうゆ大さじ1、塩・こしょう各少々を加えて、弱火で5分間煮る。

※カレールーは通常の半分
アーモンドパウダーで食物繊維ととろみを。

5. ご飯に青じそとしょうがを混ぜ込んで皿に盛り、4をかける。

※きょうの料理テキスト11月号に掲載されています。

さば缶と大豆のドライカレー  

(2人分)
・さば(缶詰。水煮) 1/2缶(100g)たんぱく質
・大豆(缶詰。ドライパック) 50g たんぱく質
・たまねぎ 1/4コ(50g)
・グリンピース(冷凍) 大さじ2  ビタミンA 
----------
【A】
・にんにく(みじん切り) (小)1かけ分
・しょうが(みじん切り) 小さじ1
・オリーブ油 大さじ1
----------
・カレー粉 大さじ1
----------
【B】
・トマトケチャップ・粉チーズ 各大さじ1
----------
・ご飯 茶わん2杯分
・パセリ(みじん切り) 適量
・スライスアーモンド 大さじ1
(塩・こしょう)


1. たまねぎはみじん切りにして耐熱皿に平らに入れ、ラップをしないで電子レンジ(500W)に1分〜1分30秒間かける。
2. 1とAを鍋に入れ、きつね色になるまでいため、カレー粉とさばを缶汁をきって加え、くずしながらいためる。

3. Bと大豆、グリンピースを凍ったまま加え、3〜4分間いため、塩、こしょうで味を調える。ご飯にパセリのみじん切りを混ぜて皿に盛り、アーモンドを散らし、カレーを盛る。

このほか、本多京子さんのレシピはこちらでご覧になれます

くらしのパートナー:きょうの料理プラス

★★★

NHK大河「龍馬伝」 注目ポイントは真木よう子のロケット乳の使い方
)NHK大河ドラマ『龍馬伝』による高知県への経済効果は234億円〜日銀高知支店発表

ミポリン帰国、12年ぶり主演映画完成会見に笑顔で出席
伊東美咲、11・24ハワイ挙式へ お相手は大手パチンコメーカー社長


<AKB48>「RIVER」デビュー初の首位 秋元康「声を上げて喜び」 オリコン


posted by ぴかまま at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 免疫力UP・代謝力UPレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック