2011年11月05日

タラのカリカリ甘酢あんかけ (ウチゴハン)鱈・たら・タラあれこれ

2009.11.30

11/29ウチゴハンのゲストは、大物時代劇俳優の里見浩太朗さん・・時代劇のロケのときは愛妻弁当を持参するのだとか・・

タラのカリカリ甘酢あんかけ (11/29ウチゴハン

濃厚な甘酢あんが、さっぱりした味わいのタラにピッタリ! ごはんによく合う一品ですよ!

4人分・作り方

(1)ボウルに酒 600ml・塩 小さじ1・しょうゆ 大さじ2・おろしショウガ 小さじ1 タラ(切り身)の切り身4切れを入れ、約15分漬け込む。

キッチンペーパーでタラの水気をとり、片栗粉をまぶす。

(2)フライパンにサラダ油大さじ4をひき、(1)のタラを火が通るまで焼き、焼き目がついたら、一旦バットに移す。

(3)フライパンにサラダ油大さじ3をひき、レンコン140gを炒め、火が通ったら、ピーマン(緑・赤)・マイタケ200g(2パック)・長ネギ 2本を加え、さらに炒める。一旦、バットに移す。

れんこんコロッケほかレンコン

(4)フライパンに ごま油大さじ3をひき、みじん切りショウガ10g・みじん切りニンニク20gを入れ、炒める。

そして、・ケチャップ 大さじ8・ウスターソース 大さじ2ケチャップ・ウスターソースを入れ、沸騰したら、水 200ml ・鶏がらスープの素 小さじ2 ・砂糖 大さじ7・塩 少々・梅肉 2個分を入れ、もう一度沸かす。

さらに酢 大さじ8 ・レモン汁 小さじ2を入れ、(3)の野菜を加え、仕上げに水溶き片栗粉でとろみを付け、コショウをふる。

(5)器に、(2)のタラを皿に盛り付け、(4)の甘酢あんをかけ、仕上げに、万能ネギ・コショウをふりかける。

→完成!

今週のワンポイント

(1)衣を付けて焼くことでタレがよく絡まる。
(2)梅肉を使うことにより程よい酸味がプラスされる。

テレビ朝日|ウチゴハン

マイタケを栽培するようになったのは20年前。それまでは貴重なもの。舞茸・・あまりの嬉しさに舞い上がったことから・・舞茸という名がついたとの説も・・

まいたけにオイスターソースをふりかけて、フライにすると・・カキフライのようになるとか・・週刊誌立ち読み・・

タラたら

笠原将弘作 タラのじゃがいも揚げ和風タルタルソース(にじいろジーン1/10)
たらのチーズフリット(恵美子のおしゃべりクッキング)
こうちゃん作 チーズ鱈のピリ辛コチュジャン風
たらのキャベツ蒸し
たらのねぎソース(恵美子のおしゃべりクッキング)

★★★★

横峯、逆転で初女王=諸見里に1打差で6勝目−ツアー選手権ゴルフ

東山&佳乃、ともに真剣交際を認める
井上和香、戸次重幸と破局「仕事を最優先」
のりピー離婚へ…12日“直接会談”
【関連する記事】
posted by ぴかまま at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック