2014年03月06日

ジューシーぱりぱり羽根つき餃子(ウチゴハン)

2014.3.6(木)はなまる・・餃子の美味しい焼き方

フライパンにごま油を大匙2・・・火はつけていない

餃子を並べる・・1ミリくらい間隔をあけて・・

餃子の1/3の高さまで水をいれる

強火で沸騰させる

中火で5〜6分ふたをして蒸し焼き

水がなくなったら、ごま油をたして、フライパンを動かし焼き色を均一につける

2011.9.11

ジューシーぱりぱり羽根つき餃子9/11ウチゴハン

プロに教わる定番料理!今回は、中華のプロ・五十嵐シェフに絶対に失敗しないパリパリの羽根つき餃子を教わりました!
しかも、中はジューシーに、皮はもっちもちのお店のような美味しさです!

ジューシー・・・油揚げ1枚を細かく刻む
もちもち・・・市販の皮に豚バラ肉を重ねる
パリパリ・・・粉チーズを


作り方

(1)油揚げは5ミリ角に切り、ニラは小口に切る。豚バラ肉の半分量(150g)は包丁で荒く刻む。

(2)ボウルに(1)・コショウ・おろしショウガ・湯で溶いた鶏がらスープの素を加えよく混ぜる。さらにごま油加え混ぜ合わせる。

(3)残りの豚肉は4センチ幅に切っておく。餃子の皮に切ったバラ肉を2〜3枚のせ、その上に(2)の具をのせて、水を縁につけ、ひだを寄せて包む。

(4)フライパンに油を熱し、半分量の餃子(10個)をのせ底がキツネ色になるまで焼く。
※フライパンに入るようなら、20個全部一度に焼いても大丈夫ですよ!

(5)焦げ目がついたら、半分のお湯を加え、半量の粉チーズを隙間にかけてフタをし約2分蒸し焼きにする。

(6)フタを外し、残りの水分を飛ばす、上から半量のサラダ油をたらし、チーズのハネがキツネ色になるまで焼き、お皿に盛り付けて完成。残りも同様に焼く。

(7)【特製タレ】
しょうゆ・酢・ごま油・粒マスタードを混ぜる。

→完成!
材料4人分
(1)油揚げ 1枚、ニラ 1束(100g)、豚バラ肉 150g
(2)コショウ 少々、おろしショウガ 大さじ1、鶏がらスープの素 小さじ2、ごま油 小さじ1
(3)豚バラ肉 150g、餃子の皮(大判) 20枚
(4)サラダ油 大さじ1
(5)湯 200ml(餃子が半分浸る程度)、粉チーズ 大さじ4
(6)サラダ油 大さじ2
(7)【特製タレ】しょうゆ 大さじ2、酢 大さじ2、ごま油 小さじ2、粒マスタード 大さじ2

今週のワンポイント・ジューシーの秘密は油揚げ。材料のうま味を吸収し、ボリュームもUP!
・もっちりの秘密は皮の内側に張る豚バラ肉。これで市販の薄い皮も破れにくくもっちりとした食感に!
・パリパリの秘密は粉チーズ。失敗しない上に、冷めてもパリパリ感がなくなりません!

テレビ朝日|ウチゴハン

★★★

死者不明者1万9800人=避難所に依然6800人―11日で半年・東日本大震災
東日本大震災:「子ども煩わしい」7割 母親対象に影響調査

鉢呂経産相が辞任「死の町」発言で引責
「ほら、放射能」厳しい状況共有のため…鉢呂氏

加護亜依さんが自殺未遂? 自宅で手首切る
日本人や若者への声援」=ベネチア映画祭新人賞受賞の2人が会見
posted by ぴかまま at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子・ギョウザ・ギョーザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック