2016年08月17日

すきやきの割り下・すきやき(あさイチから)

2016.8.17

高山なおみさんの「日々ごはん11」を読んでいたら、「すきやきの割り下」の作り方がでていたのでメモ・・
「すき焼き」が食べたくなったなあ

出し汁、酒、しょうゆ 各1/2カップ、みりん1/4カップ、きび砂糖大匙3を一度煮立てるだけ!

2014.3.8(土)・・「すき焼き」の予定・・すき焼きのタレの在庫がなく購入も面倒さて・・

すき焼きのタレの作り方 - 料理レシピ - 教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/838203.html

○ 煮込みがメインの場合。
  出し汁・6、濃口醤油・1、味醂・2〜3、砂糖・お好みで。

○ 焼きがメインの場合。
  濃口醤油・1合、味醂・1合、酒・1合、砂糖・60g。
  上記の「かえし」を1に対して、出し汁を1〜2、加えます。

● 前者の場合。
  味付きのしゃぶしゃぶ感覚で食べれます。

● 後者。
  焼肉の延長線です。
★★★

何回か失敗した経験がありますが今は下記のレシピで落ち着きました。

<我が家のわりした>
しょうゆ  1/4カップ
砂糖    大さじ1
みりん   大さじ4
市販の昆布つゆ(めんつゆ)をほんの少し水で薄めたもの 1/2カップ

すき焼きのタレの作り方 - 料理レシピ - 教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/838203.html

2012.1.15

夢の3シェフNEO 今年の鍋はコレで決まり! 【番組冒頭】「カーネーション効果?ミシンブームの予感」|NHK あさイチ

日本料理・橋本幹造さんの「お手ごろ肉で 極上すきやき」 鍋料理の王様「すき焼き」。お手ごろ価格の牛肉がとびっきりおいしく仕上がる秘けつを橋本さんに教えていただきました。ふっくらジューシーに焼き上げるためには、たまねぎの糖分を牛肉に浸透させるのがコツです。

材料・4人分

・牛薄切り肉・・・300グラム
・たまねぎ・・・2分の1コ

・焼き豆腐・・・1丁
・しらたき・・・240グラム
・白菜・・・500グラム
・ねぎ・・・2分の1本
・えのき・・・1パック
・春菊・・・1ワ
・ごぼう・・・4分の1本

【割り下】
・しょうゆ、みりん、酒・・・各150ミリリットル
・砂糖・・・20グラム
・はちみつ・・・大さじ2分の1


下準備

1.焼き豆腐は食べやすい大きさに切る。白菜は芯の部分は長さ10センチ・幅1センチの短冊切り、葉の部分は食べやすい大きさのザク切りにする。ねぎは1.5センチ幅の斜め切りにする。
ごぼうはささがきに、春菊は食べやすい大きさに切る。

2.鍋に水としらたきを入れ、強火にかけてひと煮立ちさせる。

3.たまねぎをすり下ろし、ボウルに牛薄切り肉と一緒に入れて全体を手でもむ。そのまま10分ほど置く。

4.鍋にしょうゆ・みりん・酒・砂糖・はちみつを入れ、強火にかけてひと煮立ちさせ、割り下を作る。

作り方

1.鉄鍋を火にかけ、ささがきごぼうをいため、割り下(200ミリリットル)入れ、1分ほど煮る。

2.(1)に牛肉を入れ、1分ほど煮て、鍋から取り出す。

3.白菜の芯・ねぎ・えのき・白菜の葉・春菊・焼き豆腐の順に加え、全体に火が通ったら、(2)の牛肉を食べる分ずつ入れ、火を通す。

※割り下は少なくなるごとに足す。
※好みで、生卵にくぐらせて食べる。


posted by ぴかまま at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。