2018年12月31日

サラダチキン、鶏ハムの作り方、鶏むね肉のしっとり蒸し鶏、鶏肉のくわ焼き

2017.8.16

即席!しっとりジューシー鶏ハム

材料2人分   鶏むね肉大 1 枚 (300g)、[A]塩小さじ 2/3、[A]砂糖小さじ 1/2

1鶏肉は全体の厚みが均一になるように切り開き、両面全体にフォークを刺して穴をあけてから、Aをしっかりすりこむ。
2ラップの上に1の鶏肉を皮目を下にして置き、端からきつめにくるくると巻き、ラップでしっかり包む。両端をキャンディ状にねじりながら形をととのえ、外れないように端を縛る。ラップをもう1枚使って上から同様に包み、ラップが開かないように端を輪ゴムで留める。
3鍋にたっぷりの湯を沸かし、2を入れる。再び沸騰したら、アルミホイルで作った落とし蓋をし、さらに蓋をして火を止め、そのまま30分おいて余熱で火を通す。30分経ったら湯から取り出し、ラップで包んだまま冷蔵庫でしっかり冷やす。
43の鶏ハムを好みの厚さに切って器に盛り、あればベビーリーフ(分量外)などを添える。好みで黒こしょうやマヨネーズ(ともに分量外)をかけて食べる
大野 明衣子のレシピ




2017.6.10

うちのサラダチキン(キーンートきょうこさんブログ)

コツは、
◉グラグラゆでないこと。◉時間をしっかり守ること。◉氷水で一度冷やすこと。
 
鶏スープで茹でることで、しっとり味もしみて美味しくなります。
 
材料:鶏むね肉 人数分  (安いのでもいい、できるだけ分厚いもので。   1枚300〜400gの大きさのでやっています。)   生姜大1   鶏ガラスープの素/ネギの青い部分/出汁昆布
   手羽先の先っぽ(あればで)
   
1) 鶏ガラスープを作る    茹でる鍋によりますが1枚につき250ml以上で作ります。 
   鶏がしっかり全部つかるぐらいの量で。 
   本当は、鶏手羽先でスープを作ると美味しいですが、普通の鶏ガラスープの素だけでももちろん良い。
   私は、手羽先の先っぽ部分と一緒にスープの素を使います。
   出汁昆布を入れた湯に、手羽先の先っぽ(少しでも良い)、ネギの青い部分、生姜スライス1〜2枚、
   スープの素(少し濃いめの味ぐらい) 塩少々を入れて鶏スープを作ります。

2)スープができたら、出汁昆布は取り出し、沸騰したら一度火を弱火にします。温度は70度ぐらい。
  ここが重要!グラグラした中に急にむね肉を入れると、周りが硬くなってパサつくから必ず弱火にしてから
  入れる!

3)胸肉は、塩と砂糖(分量外)を2枚で各大さじ1ぐらいよくまぶしてから30分ぐらいおいて室温に戻しておく  室温に戻すのが重要!

4)胸肉を皮目から弱火のスープに入れて、弱火のまま、ふたをして茹でます。
  塩と砂糖がついてるままでOK! 
  400gぐらいの大きいむね肉でも8〜9分  300g強なら7〜8分  それ以下の小さめむね肉の場合  は5分以下  絶対、煮立たせないように!

5)時間がたったら火を消して ふたをしたまま15分〜20分 そのままにしておく
  大きい胸肉でも20分おいておけば 中心まで柔らかに火が通ります。
  触ってみて、中心がブヨブヨしてなければ大丈夫。
  反対に硬くなっていたら通りすぎ。
  ちょうどいいのは、弾力があって柔らかすぎない感じ!
  15分たったら取り出して様子を見ると良いです〜
  小さめの胸肉なら10分ほどで出来上がり。
 
  ↑これだけは、何回か作ると   触ればわかるようになります
 
8)スープに沈めておいた鶏肉を取り出します。
  ここが最大のポイント!!!
   すぐ氷水にとって肉を5分冷やす! 肉が締まって、後で柔らかさが出てきます。

5分経ったら、水から上げて、そのまま常温に戻します。↑これも大切!
この時、肉が乾かないようにタッパーに入れておくか布巾をかけておく。
 
9)食べる前にスライスします。サラダチキンは、丸ごとかぶりつくみたいだけど、胸肉は削ぎきりすると
より柔らかさが出るので、できるだけ、薄め斜めのそぎ切りにしてね。
分厚いところもこんなにジューシーに!

10)残ったスープは、アクを取りネギとゴマ油を少したらせば美味しいスープに!!


2017.5.24

塩こうじの鶏ハムレシピ

2016.2.16

鶏むね肉 レシピ|とりハム|レシピ大百科
鶏むね肉 レシピ|鶏むね肉のしっとり蒸し鶏|レシピ大百科
鶏肉のくわ焼きで男子学生弁当 - 男子学生弁当ブログ 昆布文字弁当


2013.7.31

とりハム(雑誌・・??)・・・2013.6.24(月)

鶏胸肉大1枚250グラム、にんにく1/2片、白ワイン(または酒)大さじ2、ローリエ1枚、とりガラスープの素小さじ2、塩、こしょう

1、鶏肉は身の中央から左右に包丁で厚みに切り込みを入れて観音開きにする。フォークで数箇所穴をあけてバットに入れて塩こしょう、ワインをふり、ローリエをちぎってのせて両面になじませて15分置く

2、鶏肉を取り出し、皮目を下にして長い辺が手前になるようにおき、手前から棒状にきつく巻き、タコ糸で2センチ幅くらいの等間隔で巻いていく

3、小鍋に2の肉と1のローリエ、にんにく、スープの素、かぶるくらいの水をいれ、火にかける。煮立ったらアクを除いてごく弱火にして20分ゆでる。火をとめ蓋をして約1時間置いて余熱で火を通しそのままさます

4、粗熱がとれたらゆで汁につけたまま2〜3時間冷蔵庫で冷やす。食べる直前にタコ糸をはずす。
●ゆで汁はペーパタオルをしいたザルでこしてからピラフやスープに使用する

鳥ハム<材料>(4人分)

鶏むね肉 1枚
砂糖 大1
塩 小1
コショウ 少々
.<作り方>
1.鶏むね肉の両面に、砂糖をまんべんなく塗る。
2.次に塩、コショウを両面にすり込む。
3.2.の鶏むね肉を密閉袋に入れ、空気をしっかりと抜いて、1〜2日ほど、冷蔵庫で保存。
4.1〜2日ほど経った鶏むね肉を袋から出し、水につけ、30分ほど塩抜きする。
5.沸騰した湯に、塩抜きした鶏むね肉を入れ、弱火で煮る。(約5〜6分)
6.火を止め、フタをして、そのまま半日程度漬けておけば完成。
とくまる|TBSテレビ:はなまるマーケット

鶏ハムの作り方 今回は、塩麹なしで
 ・鶏ムネ肉は、皮や脂を取り除き、叩いて厚みを均等に。
 ・1枚に小さじ1の塩+日本酒大さじ1を塗って1晩置く。
 ・肉を巻く ラップで二重にしてきつく巻く。
 ・シリコンスチーマーに入れて、レンジで加熱。
  (600w 4分 ひっくり返して 4分)
 ・加熱が終わっても、そのままにしておきます。
  自然に冷めるのを待ちます。

スチーマーじゃなければ、深いお皿に入れて、
ふんわりラップでいいと思います^^

鶏ハムをレンジで作りました♪ | 札幌円山発 兼業主婦の日常ブログ

鶏胸肉の料理レシピあれこれ
posted by ぴかまま at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鶏肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック