2015年08月31日

ツナとにんじんのそうめんチャンプルー|山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはんから・・&・・豚バラ塩ソーメンチャンプル(クックパッド)&

2015.8.3・・

久しぶりに

【簡単!!】夏休みのお昼に*ツナとにんじんのそうめんチャンプルー|山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba


2013.9.27(金)
明日土曜日のお昼はなににしようと考えていたら、思い出したのが「そうめんチャンプルー」・・・これだったら買い物いらず・・と思ったけど、豚バラ肉がいるのね
ふらふら
でも省略に決定わーい(嬉しい顔)


* 豚バラの塩そうめんチャンプルー * by sachi** [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが155万品

コツ、ポイント
豚バラから出る脂とごま油がくっつきにくくしてくれるけど、そうめんを加えたら手早く。キャベツの他に、冷蔵庫にある野菜ちゃんたちを加えてアレンジ可能。玉葱・ピーマン・人参なんていいかもー。
材料:(2人分)

豚バラ 100g
そうめん 100g
キャベツ 2枚
にんにく 大1個
サラダ油+ごま油 合わせて大1位
塩・胡椒 適宜
ごま油 最後にちょろり。

このレシピの生い立ち
ペペロンチーノのそうめんVer.みたいな?笑

1. 【下準備@】にんにくはスライス。キャベツはざく切り。豚バラは一口大に切っておく。
2. 【下準備A】そうめんは表示通りに茹で上げて、冷水でよくよーく洗っておく。
3. 冷たいフライパンにサラダ油・ごま油・にんにくを入れて火をつける。いい香りがしてきたら@の豚バラを加えて炒める。
4. 豚バラから脂が出て焼き色がつく位になったらキャベツを加える。放置する位にしてキャベツにも焼き目をつけるように炒める。
5. 【4】に塩・胡椒を強めにして炒め合わせたら【2】を加えて手早く混ぜ合わせ、仕上げにごま油をまわしいれる。 →完成!
6. 【2013.4.30】つくれぽ10人!皆さまに感謝♡これからもよろしくお願いします♡(´∀`人)

★★★

【簡単!!】豚肉と卵ともやしのそうめんチャンプルー|山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

味付けは、鶏ガラスープの素、塩こしょう、しょうゆ

卵を最初にふんわり炒めてとりだして、あとから混ぜるのがポイントです。(さっきの「うっかりしてた」のリピートと変な倒置何)

そうめんチャンプルーを作ると、フライパンにべっちゃりくっついてしまいがちですが

そうめんを固めにゆでてよく洗ってぬめりを落とし、油を絡めておきそうめんをいれたら早めに火を止めて調味料と絡めれば大丈夫です。


<材料>(2人分)

●そうめん・・・・・・2束
●卵・・・・・2個
●豚バラ肉・・・・・60gぐらい
●もやし・・・・・・1/3袋ぐらい
●サラダ油・・・・・小さじ1ぐらい
●ゴマ油・・・・・小さじ1ぐらい

A粉末鶏ガラスープの素・・・・・小さじ1ぐらい(和風だしの素バージョンでもおいしいです)
Aしょうゆ・・・・・小さじ1ぐらい
A塩こしょう・・・・・少々
A砂糖・・・・ひとつまみ

●あれば粗挽き黒こしょう、刻みねぎ・・・・・・・好きなだけ

※かつお節をかけてもおいしいです。

<作り方>

そうめんはたっぷりの湯で固めにゆでて流水でよーくもみ洗いし、ザルにあけて水気を切り、サラダ油(分量外)を少々からませておく。

豚肉は食べやすい長さに切る。卵はといておく。

フライパンにサラダ油を熱して卵をいれ、大きく混ぜて半熟状になったら取り出す。

続いてゴマ油を熱して豚肉を炒め、色が変わったらもやしをいれ、しんなりしたらそうめんをいれ、卵を戻しいれ、Aで味つけをする。

皿に盛り、粗挽き黒こしょうと刻み葱を散らす。

★そうめんがくっつかないように油を絡ませるのがポイントですが、ザルがぬるぬるになるのがゆるせない方は、その工程を省いて、油を少し多めにして炒めたら大丈夫です。

★炒めすぎるとべちゃべちゃになるので、そうめんをいれたらもう火を止めるぐらいの勢いで。(実際にはどうやねん)


★★★2013.9.27

「オカマと一緒」「将来はフィクサー」マツコが語る小泉今日子の素顔
「早くも破局秒読み!?」元AKB48・前田敦子 熱愛相手の通称は“女たらしの松也”だった!
安室奈美恵との“壮絶束縛愛”を反面教師に!? ロンブー淳が結婚を決めたワケとは
剛力彩芽にさんまが夢中……「唯一、下の名前で呼んでいる女」
玉木宏の伝票画像をツイート パート社員ら懲戒解雇
V生観戦の里田まい「マー君おめでとう!」 東北のファンにも感謝のコメント







posted by ぴかまま at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼きそばとか麺料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック