2018年12月31日

《豚ひれ肉(塊)》ゆで豚 、塩麹(こうじ)焼き(NHKきょうの料理他)、ミルクシチュー エネルギー:240kcal 調理時間:20分* 講師:村田 裕子

2018.5.11

豚ひれ肉の梅にんにくポン酢

〈材料〉
豚ひれ肉 1本
塩コショウ 適量
付け合わせの新玉ねぎに刻みネギ 適量

✳︎梅肉ポン酢
梅干 大3個(塩分8%)
みりん 100cc
ポン酢 100cc
にんにく摩り下ろし1、2片

〈作り方〉
1 豚ひれ肉を1cm幅にカットして塩コショウを振る
2 梅干は種を抜き包丁で叩き、みりんはレンジや鍋でアルコールを飛ばしておく
3 2と、にんにくポン酢を混ぜてタレを作る。
タレは多めに作っているので実際に使う量は1/3です。残ったらドレッシングにも使えます。
4 フライパンを熱し塩コショウした豚ひれ肉を両面焼く。
5 3で作ったタレを入れて強火で絡ませたら完成

みりんが多いのでいい感じに照りが出ていますが、味は照り焼きじゃないところがいい♩梅肉とにんにくとポン酢。美味しいに決まっています。  ゆで鶏でもOK


2017.4.26

豚ひれのレンチンチャーシュー(てんきち母ちゃんレシピ)

2016.4.9(土)

ゆで豚 | 大庭英子さんのレシピ【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ



2014.11.8(土)・・今年もシチューの季節。・・今日も快晴☀☀

2013.12.6(金)・・ミルクシチューが好評だったので再び・・ってもう1ヶ月も前だったのねぇえ
・・あとは「豆腐、ベーコン、キャベツ」で・・簡単夕食(オット留守につきぃ)

2013.11.2(土)3連休の初日は☀

昨夜、スーパーのバーゲンで「豚ひれ肉」を購入・・カツにでもしようかと思ったけど・・検索して下記に決定✌

豚ヒレの塩麹(こうじ)焼き エネルギー:240kcal 調理時間:20分* 講師:村田 裕子

(2人分)

・豚ヒレ肉(塊) 200g
----------
【A】
・塩麹(市販) 大さじ3
・しょうが(すりおろす) 大さじ1/2
・にんにく(すりおろす) 小さじ1/2
・酒 大さじ3
・しょうゆ 大さじ1/2
----------
・キャベツ 2枚
・こしょう
・小麦粉
・オリーブ油

*豚肉をつけておく時間は除く。

なし

1.豚肉は1cm厚さに切り、両面にこしょう少々をふる。

2.ジッパー付き保存袋に【A】を入れ、豚肉を加えてもみ込む。空気が入らないように口を閉じ、冷蔵庫に入れて一晩おく。

3.バットなどに豚肉を調味液ごと出し、調味液をスプーンでぬぐい、小麦粉大さじ1をまぶす。調味液はとりおき、水大さじ2を混ぜる。キャベツは軸を取ってザク切りにし、器に盛る。

4.フライパンにオリーブ油大さじ1を弱めの中火で熱し、豚肉を並べる。2〜3分間焼いて焼き色がついたら返し、さらに2〜3分間焼いて火を通し、3の器にのせる。

5.とりおいた調味液をフライパンに入れ、中火でひと煮立ちさせ、4にかける。

《健脳ポイント》監修:白澤卓二
・塩麹に含まれるビタミンB6は脳内伝達物質の合成に欠かせない。
・豚肉には糖質の分解をサポートするビタミンB1が豊富。
・しょうが、にんにくと一緒にとるとビタミンB1の吸収力が高まる。
・抗酸化作用のあるキャベツをたっぷり添える

豚ヒレの塩麹(こうじ)焼き|みんなのきょうの料理-NHK「きょうの料理」で放送された料理レシピや献立が探せる!

★★★

鶏胸肉と焼き野菜の南蛮漬け&豚ヒレ肉と野菜のミルクシチュー&牛肉と根菜のゴマ煮(NHK生活ほっとモーニング)(2010.2.8)

骨を丈夫に・・豚ヒレ肉と野菜のミルクシチュー2人分

豚肉や牛肉を使うときは赤みのものが脂肪分が少ない

お肉にはカルシウムがほとんど含まれていないので、骨を丈夫にするには、たんぱく質とカルシウムが必要

豚ヒレ肉100グラムは薄きり

バター大さじ1で肉の表面だけを焼いて取りだしておく・・旨みを閉じ込める

★バターはこくがあるので油が少なくてすむ。

玉ねぎ1/2個をいためる、しんなりしたら、小麦粉大さじ11/2を振り入れて白っぽさがなくなるまでいためる。水1/2カップ、白ワイン1/2カップをいれ、ローリエと固形スープ1個、にんじん1/4本、じゃがいも1個をいれる。上にお肉をのせて、ふたをして野菜が柔らかくなるまで15分くらいことこと・・

牛乳1カップをいれてカルシウムをプラス。塩こしょうで味を調えて。

お肉の良質なタンパク質は、体の中でコラーゲンに変化。ビタミンCが必要なので、ゆでたブロッコリー1/2株をいれて、ふつふつ煮立ってきたら出来上がり・・

posted by ぴかまま at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 豚肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック