2019年08月29日

おむすび

ブログ「2人の息子と家族の成長記録」https://ameblo.jp/0930gacha/entry-12305224761.htmlより
佐藤初女さんのおむすびの結び方を教えてもらいました
お米を丁寧に洗い
お米の給水具合を観察し
お水の加減をみて

ご飯のつぶをつぶさないように
お椀に適量にもり
木のまな板の上にだして
梅干しを心地よくいれ
手にごく少量の水をつけ
塩を手のひらにのせなじませ
ちょうどよい加減でむすぶ

正方形ののりを2枚つける



ブログ「川崎おむすびの会に行って良かった!!」より

給水時間と洗米のタイミングがちょうどいいと炊きあがった時に真ん中がふっくら盛り上がるそうです
米粒をつぶさないようにしゃもじを入れます
木の板にご飯を置くのも意味があります梅干しも口に入る時のことを考えて細かくちぎって入れます
お米と対話するように」・・・・手のひらに集中しているとちょうどいい固さになった時米粒がピタッと収まる感覚がありますね!
posted by ぴかまま at 11:43| Comment(0) | 鶏肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]