2019年07月19日

トルティージャ(2019.7.19) ズッキーニを使用

男が喜ぶ卵料理…混ぜて焼くだけ!「フライパンで簡単たまごレシピ」 2019/07/17 19:00

連載第122回目は、ジャガイモをたっぷり入れたスペイン風オムレツのトルティージャ! 今回は旬のズッキーニをたっぷり入れて焼き上げます。スキレットやフライパンに卵液を流して焼くだけという、実はとっても簡単な卵料理。お好みのお野菜を入れてアレンジするのもおすすめです
トルティージャ

材料(二人分)】
・卵       :4個
・ジャガイモ   :1/2個 
・タマネギ    :1/4個
・ズッキーニ   :1/2本
・ベーコン    :25g
・ニンニク    :1/2かけ
・パルメザンチーズ:小さじ1/2
・塩       :適量
・コショウ    :適量
・オリーブ油   :適量
まず、下準備を始めます。〜その1:ジャガイモは薄切りにし水にさらします。タマネギは薄切りにします。ズッキーニは半月の薄切りにします。ニンニクは皮と芯を除きみじん切りにします。ボウルに卵を割り入れほぐします。パルメザンチーズを加え混ぜます。フライパンにオリーブ油を熱し、ニンニクとジャガイモ、タマネギを入れて炒めます。ジャガイモとタマネギがしんなりとしてきたところでズッキーニとベーコンを加え炒め合わせます。ここで塩、コショウを加え炒めます。卵のボウルに炒めた具を加え混ぜ合わせます。鍋にオリーブ油を加えて熱し、卵液を流し入れます。さっと菜箸等で混ぜ合わせます。ふんわりとアルミホイルをかぶせ弱火で5分程焼きます。トルティージャを一旦お皿に取り出します。お皿から鍋にトルティージャを戻し入れ片側も2〜3分程焼き、仕上げます。季節の野菜を加えてアレンジするのもおすすです
お好みでトマトソースをかけていただくのもおいしいですよ!



【旬を味わう 美人レシピ】vol. 122 旬食材は、ズッキーニ!
ズッキーニの旬は6〜9月。キュウリやナスの一種と思われがちですが、実はカボチャの仲間なんです! オリーブ油との相性がよく、炒めると栄養素の吸収率が高くなります。
免疫力を上げる成分を持ち、夏風邪の予防によいと言われています。低カロリーでビタミンやミネラルが豊富、味わいはクセがなくさっぱりしているということから、夏に人気のお野菜です。
ズッキーニにはβ-カロテンをはじめ、夏に嬉しい栄養素が含まれています。まず、β-カロテンは皮膚や粘膜を強くし、乾燥肌や肌荒れを防ぐ働きがあります。また、免疫力を高める作用もあるため、風邪の予防にも威力を発揮します。
ほかに、紫外線によるシミ・ソバカスを予防する働きがあるビタミンCが含まれています。さらに、ビタミンBが血液の循環を良くし、カリウムは体に溜まった余分な水分を排泄してくれるので、むくみ解消や血行促進によって美肌効果を発揮します。
しかも、低糖質でカロリーも低いので、ダイエットにはもってこいのお野菜です! 美肌効果やダイエット効果など、これから暑くなる夏にぴったりのお野菜、ズッキーニ! 油で炒めることで栄養の吸収がアップするので、オリーブオイルと塩・こしょうでシンプルな調理でいただくのもおすすめです
posted by ぴかまま at 10:43| Comment(0) | 鶏肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]