2007年07月07日

ベトナム風焼きなす

村上祥子さん夕食クリップから

材料(2人分) なす4本・万能ねぎ2本・ニョクナム、黒酢各大さじ1

作り方

@茄子は皮を剥き、へたを落とす。水にくぐらせて平らに並べてラップで包み、電子レンジ(600W)で5〜6分加熱、ラップをはずす。

Aフライパンにサラダ油大さじ1を熱し、茄子を並べ、ふたをして両面に焼き色をつけて取り出す

Bフライパンに残った油に万能ねぎの小口きりとニョクナム黒酢を加え、ひと煮して火をとめる。なすにかける。

ニョクナムの代わりに、しょうゆ大さじ1に塩をひとつまみ加えて。

茄子なす)☆原産地インドの東部。日本には平安時代に、奈須比(なすび)として伝わった。東洋医学では体温を下げる効果があるとされている
○野菜図鑑「茄子http://www.vegefund.com/panfu/nas/nas.htm

黒酢☆米酢の一種であり、主に玄米を主原料にしている。近年、リンゴを使った黒酢も登場しつつある。
1996年頃と2004年頃、含有されているクエン酸が疲労回復、ダイエットに効用があるとされ、日本では健康食品の一つとしてブームを呼び、大々的に様々な商品が開発され発売されている。
必須アミノ酸を多く含む。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
【関連する記事】
posted by ぴかまま at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック