2015年08月31日

おくぞの流☆カンタンシュウマイ★藤原家の毎日家ごはん。シュウマイ

2015.8.7(金)

シュウマイの作り方 おいしい作り方 モランボン 手作り餃子サイト
おいしいシューマイ【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピ-2013.11.04公開のレシピです。


2014.2.28

明日(3/1)は久しぶりに「しゅうまい」にしよう・・IMG_20140301_184103.jpg・・フライパンにキャベツをしいてしゅうまいを並べ、水を100ccいれて沸騰したら弱火にしてふたをして10分・・息子はおいしいねえといったのでOK。私は1個で十分

2007.7.11

を使ってシュウマイを作る方法を発見

捨てようと片付けていた2004年の「おはよう奥さん」から・・

材料4人分:玉ねぎ1個・適量・豚ひき肉200グラム・シュウマイの皮20〜30枚・キャベツ1/4個

作り方
@玉ねぎはすりおろす

Aを細かく砕きながら@に加え、玉ねぎと混ぜあわせ、が玉ねぎの水分を吸ってひとまとまりになるまで置く。
水分が多いときはを足して調節。

B玉ねぎをボウルの一方に寄せ、あいたところに豚挽き肉を入れて、塩小さじ1/2、しょうゆ大さじ1、片栗粉大さじ1、ごま油大さじ1を加え、よく練り混ぜてから、玉ねぎとあわせる。

Cシュウマイの皮を1枚づつBにかぶせ、皮ごとひき肉だねをつまみ揚げる。ひっくり返して、肉の表面を整え、皮の底も平らにする・・以外とむつかしそう・・

D土鍋にざく切りにしたキャベツを敷き、水を1カップくらい加えて火にかける。その上にシュウマイを並べる。ふたをして10分から15分蒸す。

を使うのも土鍋を使うというのもびっくりですー

料理のきっかけは、おくぞの流☆お麩ハンバーグでしたぁ

ってなんなの??
●水で練った小麦粉に含まれるたんぱく質のひとつ、グルテンを主原料とした加工食品。
●料理以外に、菓子として用いられる事があり、前者は小豆餡を包んで麩饅頭、後者は生地に着色して砂糖を練りこみ、麩菓子などの駄菓子とする。黒糖で花林糖のような風味をもたせた麩かりんとうもある。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

リョウマな日々: おくぞの流☆カンタンシュウマイ

電子レンジでしゅうまい

★★★

2012.3.24

藤原家の毎日家ごはん。シュウマイ

豆腐を600wで2分チンして、粗熱を取って〜
粗熱を取ってる間に豆腐の水分がどんどん出てくるのでその都度水を捨てる
そしたら、豆腐と鶏ひき肉と調味料を混ぜて〜、

大18個分で、鶏ひき肉(300g)・木綿豆腐(1丁、300g)・みじん切りの玉ねぎ(半分)・醤油(大さじ2)・オイスターソースと砂糖とごま油(各大さじ1)・おろし生姜と鶏がらスープの素(各小さじ1)・片栗粉(大さじ4〜5)を加えて混ぜる。混ざったら、手を水で軽く濡らして団子にまとめ、細切りに切った餃子の皮(36枚)を全体にまぶす

シュウマイをフライパンにじかに並べて、強火にし、周りから水を注ぎ、沸騰したら中火にして蒸し焼きにする。水は(200t)を数回に分けて加える。水が蒸発して中まで火が通ったら、蓋を開けて、ごま油を少々回しかけ、強火で底をカリッとさせてできあがり。

藤原家の毎日家ごはん。シュウマイ

★★★
posted by ぴかまま at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | しゅうまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック