2007年07月18日

新ソース焼きそば

NHK「きょうの料理」グッチ祐三さんの「クッキングショー」から!!!

同じ日に紹介されていたのは、納豆サンドカレーでした。

それでは・・グッチ祐三さん☆「新ソース焼きそば」は・・二人分 620キロカロリー

@よくほぐした麺を油をひかないフライパンで焼き付けておく。

Aウスターソース大さじ2、トマトケチャップ大さじ2、オイスターソース大さじ1をあわせておく。

Bバター大さじ2でポークランチョンミート1/3缶(100グラム)をかりっと焼く。玉ねぎ1/4個薄切り、ピーマン赤、黄、緑1/2個細切りを炒める。@を投入、Aを投入・・できあがりぃーー

ランチョンミートって何???別名ソーセージミートというらしいです。
豚肉と牛肉(まれに鶏肉)とラード(豚脂)、肉に対しておよそ2.5%の食塩、香辛料や調味料を細断機(カッター)にかけ、加熱せずに長方体型の缶(ランチョンミート缶)に脱気充てんする。

密封された缶詰は、340g入り缶の場合、116℃、65分間の加熱殺菌を施される。

ランチョンとは昼食の意味で、この種の缶詰ソーセージがしばしば昼食のメニューに用いられたことからランチョンミートの名が定着した。


スパムむすび5ミリぐらいの厚さに切ってフライパンでそのまま焼いたり、野菜炒めの具として用いられる。また、アメリカのハワイでは焼いたランチョンミートを丸めた御飯にのせて海苔で巻いたおにぎり(スパムむすび)がある。

この種の商品で最も有名なブランドは「SPAM」(スパム)である。詳しくはスパムの項を参照されたし。

日本では、沖縄県で「ポーク」と呼ばれて多用される。ゴーヤーチャンプルーなどの惣菜にはランチョンミートが使われることが多い。戦後食糧難のころ、豚肉の代用品として米軍経由で広まったとされる。それ以来、朝食のおかずにもポーク卵が多用されるなど、現代沖縄料理では欠かすことのできない食材となった
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

焼きそばのコツとバリエーション http://www.h5.dion.ne.jp/~china/newpage26.htm

焼そばレシピ http://www.shimadaya.co.jp/recipe/category/yakisoba.html

◆ケンタロウの「THE ROCKIN'COOKIN'」 powered by ココログ: 焼きそば http://trc.cocolog-nifty.com/kentaro/2006/10/post_8835.html


◆きょうの料理テキスト/きょうのレシピ集 http://www.nhk-book.co.jp/ryouri/cooking/


posted by ぴかまま at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼きそばとか麺料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。