2008年07月10日

イカ梅納豆★まぐろコチュジャン納豆★チーズ納豆

7月10日は納豆の日


NHKきょうの料理」から、「自由自在に納豆アレンジ」 テーマ:納豆をおいしく食べよう・・なんですけど・・・(2008.5.22)

オクラタクアン納豆・コチュジャンのマグロ納豆・チーズ納豆・・納豆だらけ

納豆ルーと納豆ディップとドライ納豆★きょうの料理プラス

納豆を食べよう・・あまり好きじゃないの\(*≧∇≦)/

で・・次は・・


納豆と海の幸を合えよう

イカ梅納豆4人分

@納豆中粒2パック、細ネギ5cm、少々

Aするめいか一杯を皮をむいて角きり、梅干し2個をちぎって和える。@と和える。大葉があればのせて。


コチュジャンまぐろ納豆4人分

@まぐろ200グラムさくのまま醤油大さじ4コチュジャン小さじ1/2で1時間以上つける。お好みのひと口大に切ってゴマ油大さじ1をまぶす。

A納豆中粒4パック、まぐろのつけ汁適量、好みで醤油もプラス、細ネギ5本をあわせる

B上に、白ねぎと糸唐辛子を飾って。


納豆とチーズを合えよう

@納豆中粒2パック、細ネギ3本、味噌大さじ1、柚子こしょう少々

Aクリームチーズ40〜50グラム、青じぞ1枚を水にさらしてパリッとさせてから(色が黒くならない)

★★★

うふふのぷから「ネギ塩納豆チャーハン」

うふふのぷから「納豆コロッケ」!!


オクラタクアン納豆・コチュジャンのマグロ納豆・チーズ納豆・・納豆だらけ

納豆ルーと納豆ディップとドライ納豆★きょうの料理プラス

納豆を食べよう・・あまり好きじゃないの\(*≧∇≦)/


納豆(なっとう)は大豆を納豆菌によって発酵させた日本の食品。現在では糸引き納豆の事を指す。

ヒマラヤ、中国雲南省から日本までの照葉樹林地帯にみられる食品である。日本における伝来経路は不明である。

日本においては、特に関東地方以北と南九州で好まれている。特有の匂いのためか、その他の地方、特に関西・四国地方ではあまり消費されなかったが、製法や菌の改良などで臭いを少なくしたり、含まれる成分の内「ナットウキナーゼ」の健康増進効果がテレビなどのメディアで伝えられるようになった結果、1990年代後半にはほぼ日本中で消費されるようになった。また、ビタミンKも豊富で、大豆由来のタンパク質も豊富であり、現在でも重要なタンパク質源となっている。総務省統計局の全国物価統計調査の調査品目にも採用されている。食物繊維が納豆には100グラム中に4.9〜7.6グラムと豊富に含まれる

食物繊維やオリゴ糖といったプレバイオティクスと呼ばれる腸内環境に有用な成分、納豆菌はプロバイオティクスと呼ばれ、これも腸内環境に有用と考えられている。O157を抗菌することがわかっている。

納豆には血栓を溶かす酵素が含まれている
納豆の摂取によって血栓が溶けた場合の分解成分であるFDBが血中に増えることが確認されている。

7月10日が「納豆の日」の日とされている。これは1981年、関西での納豆消費拡大のため、関西納豆工業協同組合が7・10の語呂合わせで制定したもの。1992年、全国納豆工業協同組合連合会が改めて「納豆の日」を制定した。しかし「納豆」「納豆汁」が冬の季語である事や、「納豆時に医者要らず」という諺があったように、もともと納豆の時期は冬とされている。そのため7月に納豆の日を設けることには異論もある。

2007年1月7日に放送された関西テレビ・フジテレビの教養番組「発掘!あるある大事典2」で、納豆の摂取はダイエットに効果があると紹介された。多くの消費者がこれを信じ、こぞって納豆を買い求めたため、一時品薄状態になった。しかし、番組で紹介されたデータは捏造だったことが後に判明した。
納豆 - Wikipedia

うふふのぷから「ネギ塩納豆チャーハン」

うふふのぷから「納豆コロッケ」!!

ガッキーはグルメ? 「納豆パン」に入れ込む
2008年5月5日(月)20時40分配信 J-CASTニュース



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック