2008年05月25日

カツオ(鰹・かつお)の竜田揚げとマヨジャガ和え★ウチゴハン★

★ちびっ子シェフのウチゴハンは、5歳の女の子、おかあさんの大好きな餃子作りに挑戦です・・料理のパートナーであるはずのパパはビールを飲み始め!!(爆笑でした)そして・・・具にはお母さんの好きなアボガドも入れてしまう・・・アボガド+チーズの餃子・・子供たちのアイデアには脱帽です。いつだったか、ハンバーグにじゃがいもをいれるというのもあって・・あのアイデアにも関心し、我が家でもまねさせてもらいました

カツオ(鰹・かつお)の竜田揚げ

特製ソースがポイント

(1)カツオ鰹・かつお)1柵を食べやすい大きさに切る(1〜1.5、2センチ幅くらい??厚めに見えました)。ボウルに醤油 50ml・酒大さじ1・和風だしの素 少々・つぶしたニンニク 少々 を混ぜ合わせ、約10分漬ける。

(2)(1)のカツオを、キッチンペーパー等で水気を取り、片栗粉をまぶす。

(3)高温の油で、40〜50秒揚げる。鰹の中はレアでもよい、揚げすぎるとぱさぱさに・・カツオを取り出し、すぐ半分に切る。(余熱に火が通るのを防ぐ)

(4)特製ソースは、鍋にオリーブオイル 50ml ・アンチョビ 小さじ1と1/2 ・おろしニンニク 大さじ1・おろしショウガ 小さじ1/2を入れ、混ぜる。さらにたたいた梅肉 小さじ1 ・しょうゆ 小さじ1 、みじん切りにした大葉 3枚を加え、混ぜ合わせる。

(5)生野菜を盛った皿に(3)のカツオを載せ、特製ソースをかける。

今週のワンポイント

(1)180度の高温でサッと揚げると、外はサックリ、中はレアのおもしろい食感に!
(2)衣が繊細なので、揚げている時はあまり触らないようにする
(3)余熱で火が通ってしまわないように、揚げたらすぐに半分に切る
(4)洋風のソースに、和のテイストを加えて、さっぱりした味わいに!


カツオ(鰹・かつお)のマヨジャガ和え

※塩を少々いれた熱湯に、鰹・カツオ・かつおを入れて、7、8分ゆでると、なまり節の完成。保存がきき、色んな料理に応用出来る   

(1)キュウリ1本の両端を落とし、手で割る。キュウリを手で割ると、表面積が増え、味が絡まり易くなる。ビニール袋に入れ、スライスしたタマネギ1/4個・千切りのショウガ10g・塩を入れ揉む。

(2)茹でたじゃがいも小2個を皮ごとつぶす。

(3)粒マスタード 25g ・マヨネーズ 50g・しょうゆ 小さじ2・ごま油 小さじ1/2 ・酒 小さじ1・和風だしの素 少々 を混ぜ合わせる。

(4)(2)のじゃがいもに、(1)の野菜・塩茹でしたカツオ(なまり節)1/3柵分をほぐしながら入れ、(3)のソースと和える。

→完成

テレビ朝日|ウチゴハン

かつおのにんにく竜田揚げ

初ガツオの和風ソテー 香味野菜添え

「鰹のおかかステーキ」

posted by ぴかまま at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お魚★鰹・カツオ・かつお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック